ポツポツと手の甲に醜く目立っている手の甲のシミ。気が付けば増えてきていませんか?

手の甲はスマホや職場でのパソコン操作など、自分が想像している以上に人に見られているものなんです

そうだ!確かオキシドールで手の甲のシミが消えるって聞いたことある!いえいえ、ちょっと待ってください、手の甲のシミにオキシドールは逆効果です。

今回は手の甲のシミを取る方法、シミを消す効果が期待できる人気商品ベスト10と共にご紹介いたします。

手の甲のシミができる原因

手の甲のシミもお顔のシミと原因はほぼ同じです。手の甲の皮膚は常に忙しく動いており、常に乾燥、紫外線、酸化などによる外的環境の影響を受けています。

人間の体はこれらの外的環境から守るために様々な防御機能が働きますが、そのうちの1つがメラニンの生成です。

では、手の甲のシミができる主な原因2つについてご説明しましょう

紫外線が手の甲のシミの一番の原因

日焼けシミは、別名「老人性色素斑」とも呼ばれる最もポピュラーなタイプのシミです。

紫外線は皮膚に有害な物質が含まれており、浴びることで「ケラチノサイト(表皮細胞)」の中に活性酸素が増殖します。

この時点で皮膚の細胞を守ろうと働き出すのが「メラノサイト(色素生成細胞)」信号です。 メラノサイト信号は、肌を守ろうとするために肌の色素を濃くしようと働きを始めます。

すると今度は「チロシナーゼ」という酵素が活性化され、酸化してチロシンというアミノ酸の一種である物質がメラニンへと変化され、褐色となった色素を作り出し皮膚の表面に浮き出たものが日焼けシミです。

紫外線にはUVAUVBUVC3種類があり、主にシミの原因とされるのはUVBです。UVBが表皮にあたることでメラノサイトが活性化し、これがシミになります

加齢・乾燥も手の甲のシミの原因

手の甲のシミはどちらかと言えば年配者によく見受けられる症状です。考えてみれば、お子さんや20代前半までのお若い方々は炎天下で日焼け止めも塗らず何時間過ごしていてもシミになったりしませんよね?

これは、肌のターンオーバーのサイクルが違うからなんです。ターンオーバーとは「皮膚の再生、皮膚の新陳代謝」のことです。

人間の皮膚は新しい細胞が生成され、古い細胞は角質と共に剥がれ落ちるサイクルを繰り返しています。このサイクルは約28日に1回が正常とされていますが、年齢とともにこの期間は徐々に遅くなっていきます。

ターンオーバーのサイクルが遅くなると、古い角質がいつまでも皮膚に残ったままになり、 紫外線などの外的な刺激を受けることでメラニンが沈着しやすくなることでシミの原因になるのです。

一方、手の甲の皮膚が慢性的に乾燥しているのもシミの原因になります。肌が乾燥している状態というのは、皮膚を紫外線などの外的環境から守ろうとするバリア機能が衰えてしまいます。

バリア機能が衰えると、ちょっとした外的な刺激に肌が敏感になってしまうことでシミの原因への繋がりやすくなるのです。

都市伝説!?オキシドールで手の甲のシミが消えるは嘘!

いつ頃誰が言い始めたことなのかは定かでありませんが、シミ抜き薬にも使われている「オキシドールで手の甲のシミが消える」というマメ知識情報がネット上などでいまだに見受けることがあります。結論から言いますとこれは全くの嘘です!

オキシドールで手の皮膚が乾燥して老化します

 そもそもオキシドールで手の甲のシミが抜けるといった噂が広まったのは、オキシドールが衣服についたシミ抜きに使われていることから、ひょっとして人間のシミ抜きにも効くかも!? という発想からです。

しかし「え?でもオキシドールは人間の皮膚消毒に使われているから害はないのでは?」という声も聞こえてきそうですよね。

元来、オキシドールはケガなどをしたときの応急消毒として使用される医薬品です。使用上の注意として発疹・発赤,かゆみ,腫れという副作用の可能性があることもバッチリ記載されています。

仮に手の甲のシミに使ってこのような副作用が出なかったにせよ、長期で使い続けてしまうことで確実に手の皮膚が乾燥し、老化してしまいます。

つまり、オキシドールを美容目的で使用することはNG行為ですので、「オキシドールで手の甲のシミが消える」は、ただの都市伝説であるとご解釈ください。

手の甲にシミが出来たときのケアに効果的なおすすめ商品紹介

それでは、手の甲にシミが出来たときのおすすめケア商品10選を一挙にご紹介します。

手の甲のシミ専用ピーリングジェル「ルミナピール」

手の甲にポツポツ増えてしまったいや~なシミ、直ちになんとかしたいものですよね。

そんな方におすすめなのが手の甲のシミ専用ピーリングジェル「ルミナピール」です。

シミの原因の1つは、肌のターンオーバーにより今皮膚の中に隠れている古い角質がなかなか剥がれ落ちず、紫外線などの外的要素を受けるとメラニンを抑制できなくなるからなんです。

ルミナピールはピーリング効果のある手の甲専用マッサージジェルのため、古い角質をポロポロと目で見てわかるように剥がれ落ちてくれるんです

油溶性ビタミンC誘導体、プラセンタエキス、ビサボロール、そして9つの植物天然成分により、美白、アンチエイジング、メラニン抑制、肌のターンオーバー促進効果がふんだんに盛り込まれています。

たった、1回の使用でも手の甲の肌が1トーン明るくなったのが実感できます。そして、15日以上使い続けても効果が感じられない場合は全額返金制度があるため、安心して試すことができちゃいます。手の甲のシミに悩む方はぜひいますぐ試してみてください。

 

 

手の甲のシミを消すクリーム「ビーグレンQuSomeホワイトクリーム1.9

美白に即効性のある成分として知られるハイドロキノン。肌の漂白剤とまで言われているほど欧米ではシミの治療薬として有名です

日本では美容皮膚科などで処方箋薬として使われていますが、配合濃度を調整したコスメは現在ではすっかりポピュラーなシミケア商品として人気となっています。

ハイドロキノン配合クリームとして最もおすすめななのが「ビーグレン・QuSomeホワイトクリーム1.9」です。

シミ、シワなど米国発のドクターズエイジングコスメブランドとして日本でもすっかり認知度を得たビーグレンですが、この「QuSomeホワイトクリーム1.9」です。

ハイドロキノンは美白効果の即効性はあるものの、肌に刺激の強いリスクも心配されています。同社のハイドロキノン入りホワイトクリームは独自技術のQuSomeと融合し、肌に低刺激でかつ美白効果もきちんと実感できるように研究されているんです。

本品はお顔用のホワイトニングナイトクリームとしてのイメージが色濃いですが、近頃手の甲のシミにお悩みを持たれる方に大好評なんです

手の甲のシミを直ちにどうにかしたい!そんな貴女の願望を叶えてくれる「ビーグレン・QuSomeホワイトクリーム1.9」。まずは、トライアルセットで気軽に試してみましょう。

 

 

手の甲のシミを体の中から消すには「ハイチオールC

え?ハイチオールCってあのハイチオールC?私が子供の頃、学生時代からあるような

...。そうです。ハイチオールCとは日本人であれば誰もが知っている「シミケア」の代表ブランドです。

大手製薬会社エスエス製薬がかれこれ40年以上の歴史を誇るまさにシミケア=ハイチオールCと言われるほど、今では日本のシミケアの代名詞の地位を確立しているんです。

こんな長きにわたりロングランヒットを続けているということは、商品に絶対的な信頼のある証です

 

ハイチオールCは昭和47年にファーストライン発売されて以来、現在まで新商品が随時更新されており、その最新作が2016年に発売された「ハイチオールCホワイティア」、そして2018年に発売された美白液体ドリンクの「ハイチオール・コラーゲンブライト」です。

どちらも鈴木京香さんのCMでご存じの方も少なくありませんよね。

 

ハイチオールC錠剤のメイン成分は美白成分の「L-システィン」ですが、近年の新商品は体の中からシミを消す効果を上げるため、体、肌の新陳代謝アップ、そしてコラーゲン、ヒアルロン酸成分などを合わせて配合することでアンチエイジング、美肌効果をアップさせるように改良されているんです。

 

液体ドリンクの「ハイチオール・コラーゲンブライト」は、いつでもどこでも手軽にのどが乾いたらごくごく飲めるテイスト作られていますので、カフェ感覚で手軽に美肌・シミケアができちゃうので、毎日飲む習慣を付けたいですね。

楽天でも人気のクリーム「ビューナ 薬用シロナルン」


ビタミンC誘導体「アスコルビン酸グルコシド」配合。SPF15で日焼けによるシミ・そばかすを防ぎます。メイクアップ効果でシミを隠しながら美白ケアできるボディ用クリームSPF15でUVカット効果もあり紫外線吸収剤は配合しておらずお肌に優しいノンケミ処方

トラネキサム酸配合の薬用クリーム「サラッセTAホワイトニングクリーム」

 

肌の奥底に広がるシミの根と経つ。気になる肌の色素沈着を徹底抑制。
第一印象を左右するくすみをケア。集中美白トリプルケア。

 

 

ピンポイント吸着パックで黒ずみケア「クロノンパック ロイヤル」

 

クロノンパックの吸着パワーで白肌チェンジ。 。 年齢を感じさせるシミ、黒ずみに、ピンポイント吸着パックでたった10分のシミケア。 専用パックを塗るだけで10~20分でどんどんシミだします。白肌美容成分配合。メラニンの歩みを止めるシンデレラケアと透明感ある肌をつくるマンダリンケアのでシミだす&うるおい成分でクリアな肌に。

ハンド用ファンデーション「ウテナ白い手クリーム」

 

塗るだけでパッと手のシミ・小じわをカバーして隠すハンド用ファンデーション。白くなめらかで美しい手を演出します。ホワイトパウダー・ラインスムース成分配合。SPF16/PA+。ほんのりローズの香り。

ポロポロ薬用美白ピーリング「薬用 シミ―ポロン」

 

プラセンタとアラントインの有効成分が、メラニンの生成を抑え、日焼けによるしみ・そばかすを防ぐ薬用美白ピーリングパック。
塗って1分後指でマッサージすると角質層の黒ずみ、くすみを吸着。

シミを手っ取り早く消すなら「ダーマ カモフラージュボディカバー」

 

Vゾーンや脇などの黒ずみ、傷あと、虫刺され跡、妊娠線、ポイントタトゥーなど消したい、隠したいところはこれにお任せ!隠すことだけを考えて作ったボディファンデーション!気になる部分を自然にカバー!テレビ撮影、映画撮影、スポーツ界ではシンクロナイズスイミングまで幅広くプロの世界で愛用者の多いボディファンデーションです。

 

手の甲のシミ専用ファンデーション「パピリオ ミセルテ 【手のフィルムファンデーション】」

 

一日中落ちにくい「手、からだ用ファンデーション」。シミ・傷あと・虫刺されあとにさっと塗るだけ。水に強く、衣服にもつきにくい。5種類の和漢植物エキス、ローヤルゼリー配合で潤いを保ちます。SPF28、PA+++。

 

結論!手の甲のシミを取るには「ルミナピール」が最強でした。

 人目につくいや~な手の甲のシミ。いったい何をすれば早期に改善されるんでしょうか。

結論としては、手の甲のシミ専用ピーリングジェル「ルミナピール」です

え?ルミナピールって何?聞いたことない!という方もおられますよね。では、ルミナピールとはどのような商品なのか次より詳しくご説明いたしましょう。

ルミナピールって何?

商品概要 ・商品名/LUMINAPEELルミナピール ・内容量/45g(約1ヶ月)

ルミナピールとは、東証一部上場企業である株)北の達人コーポレーションが開発した「北の快適工房」シリーズの、手の甲のシミ専用化粧品です。

発売元の北の達人コーポレーションは、大ヒット健康飲料商品「北の大地の夢しずく」で知られる美容・健康食品の通信販売企業です。

通販化粧品専門企業ということもあり、同社の商品は化粧品でも目のくすみケアなどの「部分ケア商品」を得意としていることで知られているんです。

 

そんなルミナピールはただのシミケア用クリームではありません。パッケージには「ハンド専用ピーリングジェル」と記載されています。

皆様ご存じピーリングとは=剥がすという意味のものです。つまり、ルミナピールは手の甲専用の古い角質を剥がすピーリングジェルなのです

 

もちろん手は毎日のように洗っておられるかと存じますが、顔は専用の洗顔料を使うものの、手はただの石鹸だけで洗っていませんか?

考えてみれば顔も手も同じ皮膚であることに変わりはないはずですよね。そして、お顔にシミができてしまった場合は、美白対策の洗顔料などできちんと汚れを落とし、保湿を徹底するようにされていませんか?

残念ながら、手の甲を専用の洗浄剤で洗う方はほとんど見受けられませんよね。

つまり、手の甲には石鹸で手を洗うだけでは落としきれない古い角質がごっそり溜まっているんです

ルミナピールは、皆様がこれまで手を石鹸で「洗う」ということで落としきれない手の表面の皮膚に詰まった古い角質を、PEELピール=剥がすための専用ジェルなんです。

ルミナピールの成分は何?皮膚に悪くないの?

ピーリングというと、フルーツ酸など肌が真っ赤になってしまうような刺激の強い成分を使ったケアを想像してしまいますよね。

確かにピーリングはやり過ぎると皮膚に良くないため、使用したら真っ赤になったり、腫れたりはしないかと使う前から身構えてしまいます。

一体、ルミナピールの成分は何なのでしょうか。気になるルミナピールの全成分表示がこちらです。↓

ルミナピール全成分表示

水、グリセリン、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、ジココジモニウムクロリド、ステアルトリモニウムブロミド、アラントイン、プラセンタエキス、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、ビサボロール、ヨーグルト液(牛乳)、ヒアルロン酸Na、加水分解コラーゲン、オウゴン根エキス、カンゾウ根エキス、クズ根エキス、ゲットウ葉エキス、マグワ根皮エキス、トウキ根エキス、ユキノシタエキス、シャクヤク根エキス、ソメイヨシノ葉エキス、ラウリルベタイン、DPG、BG、フェノキシエタノール

この中で注目したいのは、アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー
です。
ルミナピールは使用と同時にポロポロ剥がれていくのですが、このポロポロの正体が皮膚の中の古い角質のたんぱく質です。ルミナピールは肌へのやさしさを追求しているため、肌に刺激になる成分でピーリングさせている訳ではないんです。

では、ルミナピールの主成分とそれぞれの効果効能を見てみましょう。

ビサボロール-カモミールから抽出された成分
効能;紫外線によるトラブルに働きかけ、透明感のある肌に導く・ホエイ-牛乳由来の成分
効能;肌の水分・油分を補い保ち、肌のコンディションを整える・アラントイン-ヒレハリ草から抽出された成分
効能;古い角質を追い出し、肌の修復を促してくれる・プラセンタエキス-胎盤から抽出した成分
効能;アンチエイジング、メラニンを抑制、血行を促進、保湿・油溶性ビタミンC誘導体-テトラヘキシルデカン酸アスコルビル
効能;美白成分・メラニン抑制

この中で優れた美白効果が期待できるのが「油溶性ビタミンC誘導体」です。ビタミンC誘導体は、近頃の高級美白化粧品には必ず配合されている定番の美白成分ですのでご存じの方も少なくないのではないでしょうか。

ビタミンC誘導体の効果効能としては、メラニンの生成を抑制し、新陳代謝、肌のターンオーバーを促進し、メラニンの排出、色素沈着の改善に導いてくれます。

ビタミンC誘導体には水溶性もありますが、油溶性はクリームやジェルなどによく使用される成分で、水溶性に比べ即効性に欠ける反面、成分が壊れにくい特性をもっています。

オウゴン根エキス
カンゾウ根エキス
クズ根エキス
ゲットウ葉エキス
マグワ根皮エキス
トウキ根エキス
ユキノシタエキス
シャクヤク根エキス
ソメイヨシノ葉エキス

ルミナピール全成分表示をご覧いただくとお分かり頂けますように、ルミナピールには何と次の9種類もの植物から抽出した天然成分が贅沢に配合されているんです。

これらの成分は、抗炎症、美白などのブライトニング成分ですので、肌のごわつき、角質を柔らかくしてくれます

ルミナピールの使い方は簡単!

ルミナピールの使い方はとても簡単です。ただし、ご注意いただきたいことはルミナピールの効果を正しく実感するには、「正しい使用方法」で使って頂くことです。

肌が柔らかくなっている毎日の入浴後に次のステップで使用してみてください。

①手の水気を事前によく拭き取っておきましょう。

②直径1.5cmほどの適量を手の甲に落とし、シミの気になる箇所を中心に円を描くようにクルクルと気になる部位→指先までマッサージしてください。

③すると、ポロポロと古い角質が出てきます。

④角質が出始めてもそのままマッサージを30秒~1分間続けてください。

⑤④の後、1分間放置。成分を手の甲に浸透させます。

⑥1分たったらぬるま湯で丁寧に洗い流してください。

⑦使用後は必ず保湿液、またはハンドクリームでしっかり保湿しましょう。

この①~⑥のステップをたった1回行うだけでも、手の甲の肌が1トーン明るくなります。

使用し続けるうちに手の甲の肌のツルスベ度も上がってきますので、使うのが楽しくなっちゃいますよ。

 

ご注意いただきたいことは、②の指の先までマッサージすること、⑤1分間放置すること

です。

ルミナピールは、「シミ取りクリーム」といった特性の商品ではありません。シミのできた部分にスポットとして塗るだけでシミが消える!といったものではありませんので、指先まできちんとマッサージし、⑤1分間放置することでルミナピールの有効成分をきちんと肌に浸透させてあげることがコツです。

 

最後の⑦の保湿は可能であれば、化粧水などのローションで水分を与えてあげてから保湿液またはクリームなどの油分で閉じ込めてください。

また、せっかくルミナピールを使用しているので、それ以上手の甲のシミを増やさないためにも、きちんと手のUVケアを忘れないようにしましょう

 ルミナピールの口コミ・体験談

それでは、ルミナピールを実際に使用された方のの口コミ体験談をいくつかご紹介し、その効果を検証してみましょう。

 2018/3/2 16:35:12   51

賛否両論ありそうな商品ですが、私はとても気に入りました。白いカスがポロポロ出て、手の甲がツルンとしっとりします。手元に艶が出て気分が良くなります。いま2本目で十分変化が感じ取れます。美白効果でシミを取るというより、手の肌質を高めてくれるイメージで。 おババの手がよみがえりました。

いままできちんとお手入れしてなくてごめんなちゃい。と自分の手に謝りたい気分。

この方はルミナピール成分の保湿効果を顕著に実感しておられるようです。手の甲のシミを改善するには保湿効果は非常に有効です。

なぜなら手の表面が乾燥していると、肌のバリア機能が奪われメラニン色素を増やしてしまう結果になり、ルミナピールの有効成分もきちんと浸透しないんです。

つまり、手の肌質を高めてくれる実感があるということは手の甲のシミ悩みが解決へと向かっている良い兆しなのです。

2019/3/6/  55

55歳です。そんなシミがあるわけではないけど、いくつかポツポツと目立ってきたな〜くらいなので今のうちに!という感じでネット検索した結果この商品を選んでみました。

使い始めて、まだ3日目です。朝会社で仕事始まる前に1日一回だけで なんだか手の色が明るくなった感じがします。手の甲のピーリングは初めてなので当たり前かもしれませんが、今のところ毎日ポロポロ角質が取れます。洗い流すとしっとりしてます。その後いつものハードタイプのハンド クリームを塗ってます。今後も続けたいです。

この方は、ルミナピールをものすごく良いタイミングで購入されておられます。ルミナピールは既にできてしまったシミの原因となる古い角質を落とし、有効成分にて肌のターンオーバーを促進させて改善していくジェルです。

既にポツポツ手の甲にシミができ始めたということは、これから増えてくる可能性が高くなりますので、まだあまり目立たないうちからルミナピールでお手入れを始めて頂くのは◎です。

また、使用後にきちんとハンドクリームで保湿もされておられますので、早期に手の甲のシミが解決されるのではないでしょうか。

正しく効果を実感するには正しい使用方法を

 ルミナピールメーカー推奨の本来の正しい使い方としましては、「シミ部分から指先までのばすように」とあります。

ルミナピールはシミ部分だけにスポット的に塗って即効性で消えてくれるシミ消しクリームではないため、シミ部分から指先までマッサージして成分を浸透させ、古い角質を剥がす→肌のターンオーバーを促進→メラニンを抑制の工程を繰り返す特性のジェルです。

これからご購入を検討される皆様も、正しい効果を実感頂くためには、シミ部分だけへのスポット使用は避け、正しい使用量を守ってお使い頂くことをおすすめします

ルミナピール効果実感には使用前後のケアも肝心

 ルミナピールでシミの原因となる手の甲に溜まった古い角質は剥がすことは可能です。しかし、当然ながら手の甲にまた新しいシミを作ってしまうことになる行為は避けなければなりません。

50~60代の方はこれからどんどんシミが増えていきやすい年代です。手の甲のUVケアを徹底し、ルミナピール使用後も必ず保湿ケアを行い、有効成分が浸透するようにしてあげましょう

ルミナピールには全額返金保証があるから安心

ルミナピールの嬉しい点は、何と使用後でも「全額返金保証制度」があることです。

いえ、むしろ使用した後でなければ返金対象にならないのです。

前項の購入者の方の口コミ3でもご紹介しましたが、ルミナピールを15日以上使用しても効果に満足しない場合、購入から25日以内であれば銀行口座に商品代金を振り込みしてくれる保証制度を適用してくれます

これは商品に自信がなければとてもできない制度ですから、ルミナピールの効果の自信の表れともいえますよね。

せっかく購入したけどまったく効果がなくて代金損したキイー!ということが絶対ないため、これなら安心してお試しできますね。

(*ただし、この返金制度はルミナピール公式サイトからの注文分に限られています。楽天、アマゾンなどショッピングサイトからの注文分は対象外になりますので、ご注意くださいませ。)

 

 

手の甲のシミを最速で薄くする方法まとめ!

いかがでしたか?今回は手の甲のシミを取る方法、シミを消す効果が期待できる人気商品と共にご紹介させていただきました。

結論としては、手の甲のシミを最速で薄くするには、「ルミナピール」+「ビーグレンQuSomeホワイトクリーム1.9」の合わせ技が最強です

ルミナピールで手の甲の古い角質を剥がしてメラニンを抑制することで、手の甲のシミ予防と肌のターンオーバーを促進できます。

そして、ビーグレンQuSomeホワイトクリーム1.9は、即効性のある美白成分として知られるハイドロキノンの配合量が化粧品の中で最も高濃度であることで現在できてしまったシミを早期に撃退してくれる効果が期待できます。

この2つをぜひ合わせてご使用いただき、いや~な手の甲のシミとおさらばしましょう。

 

>>ルピナピール公式サイトはこちら

 

>>ビーグレンQuSomeホワイトクリーム1.9はこちら

 

 

 

 

更新日:

Copyright© 【手の甲のシミを取る方法】オキシドールは逆効果!シミ消す人気商品ベスト10 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.