いくら高級なジュエリーをつけても、綺麗なネイルをしていても手にシミがあることで年齢よりも老けて見えてしまうことも。

とはいえ、手にファンデーションをつけて隠すなんて面倒だし。

顔や首にできたシミは、かなり目立つのでスキンケアなどでケアをしている人は多いものですが、意外と盲点なのが手のシミです。これからは顔だけではなく、手のシミケアもはじめてみませんか?

当サイトでは簡単にできる3つのシミ撃退方法をお伝えします。

スキンケアと医薬品の合わせ技をつかうことが大切です。方法については、3つ。「ピーリング」「ハイドロキノン」「Lシステイン」の3つをご紹介します。

では、はじめにピーリング。ピーリングとは、英語で「PEEL(ピール)剝ぎ取る」という意味があります。つまり古い角質を取り除き、ターンオーバーを正常に整えることで、肌の薄い部分を剥ぎ取ることができます。シミを薄くすると共に古い角質も取ってくれるのでまさに一皮むけた状態にしてくれるすぐれものなのです。普段の石鹸などでのケアではできないので、特殊なスキンケアなどで行う必要があるんです。一回でも綺麗な手肌が手にはいるのがすごいですよね。

ここでご紹介したいのが「ルミナピール」。

 

ルミナピール(北の達人コーポレーション)

https://www.kaitekikobo.jp/luminapeel/

 

ルミナピールは手の甲のシミ専用ピーリングジェル。一皮むけたような素肌が実感できるはずです。

 

次におすすめしたいのがシミを根本的に消すことができる「ハイドロキノン」という成分。別名シミの消しゴムといわれています。

ご紹介するアイテムは外資系スキンケアっぽい雰囲気の「ビーグレン」。優れた有効成分により、シミに狙いを定めて透明感のある肌へと整えてくれます。

ハイドロキノン配合のアイテムは、通常、お顔用のスキンケアですが、手でも効果がありますのでご安心を。顔に効果があれば手のシミにももちろん効果があり。そこで手に使ってしまおうという事です。

 

まずはトライアルセットでお試しをしてみるのもいいかもしれません。

 

「ビーグレン」

https://www2.bglen.net/ec/white/lp/index.html?trflg=1

 

最後におすすめしたいのが、「Lシステイン」です。テレビCMでも有名なロスミンローヤルというものです。ロスミンローヤルは肌のターンオーバー(新陳代謝)と呼ばれる肌の生まれ変わりから、お肌のくすみや小ジワの改善まで実感している人が多いのが印象的です。ここでとても大切なことは、ロスミンローヤルはサプリメントではなくて医薬品であることです。つまり効能効果がしっかりとしており、体の中からシミを消していきます。

 

「ルスミンローヤル」

https://ainz-tulpe.com/lp/rossmin_1step_y_1/

 

【小見出し】

ダブル技で手のシミを消す!併用使いで、消しながら薄くする画期的な方法とは?

当サイトおすすめの手の若返り術とシミとりについてお伝えします。いくら綺麗な手になっても手間がかかれば長くは続きませんよね。やはり美しい手をめざすなら、シンプルにできるのが一番です。そのためには、ピーリングとハイドロキノンの併用が最適!

 

まず、ピーリングだけでは、ただ肌の表面をはがすだけの機能しか持ち合わせていないのでこれだけでは、色白手肌にはなりません。またハイドロキノンにおいては基本的に日中紫外線の元で使うことはできません。つまり使用できるのは夜のみなんです。万が一、日中使用したとしたら、余計にシミの原因になってしまうので、注意が必要です。日中はピーリング、夜はハイドロキノンといったようにお使いいただくことが必要です。スキンケアは毎日の継続がとても大切です。続けることで昨日までとは違った若々しいシミやくすみのない手をめざしましょう。

 

ではあらためておすすめのシミ取りアイテムについて丁寧にご紹介しましょう。

 

【ルミナピール】

ルミナピールは、日常生活の「洗う」というだけで落としきれない紫外線トラブルの元、「メラニン」が含まれる古い角質を取り除くことができるのが大きなメリットです。つまり、紫外線トラブル対策を蓄積させないところがすごいんです。毎日継続することで、「手の色が明るくなった」「周りの人に褒められるようになった」「お肌がしっとりした」という声が寄せられています。その他「敏感肌でも安心して使用できた」という声が多いようです。配合成分は、ビサボロール、ホエイ、アラントイン、プラセンタなどが配合されています。なんといっても、マッサージをすることでピーリング効果によりポロポロと肌表面のゴミがとれてしまうのがすごいですね。価格は、約1ヶ月分45gで、お試し定期コースご利用時2,970円です。

 

【ビーグレン】

次にビーグレンの商品についてご説明します。ビーグレンのシミ化粧品は、テレビCFなどの露出はほとんどないのに、根強い口コミがあります。スキンケア化粧品で一番大事なのは、肌への浸透力です。というのも、どんなに優れた成分が配合されていたとしても、肌へ浸透しなければ意味がないからです。ハイドロキノンというのは、簡単にいえば美白成分です。大変優れた美白効果があるのですが、1つだけ使っても、効果には限界があるものです。ビーグレンの浸透力と美白力、この2つの働きにより、効果を発揮するのです。

ビーグレン化粧品が人気が高い理由の一つは、肌への浸透力ですが、なんと「国際特許を取得した独自の浸透技術」なのです。

成分にもこだわりがあります。美肌三種の神器といった形で、ハイドロキノン、ビタミンA・ビタミンCの3つの成分が含まれているのです。
1 シミを薄くする(ハイドロキノン)
2 シミを抑制する(ビタミンC)
3 シミを排出する(ビタミンA)
この3つの成分と、ビーグレン化粧品の持つ浸透力・保湿効果によるトリプルパワーにより美しさを際立たせるのです。

 

ビーグレンはセット販売が主流です。

ホワイトトライアルセット(7日分)ですと、本品通常価格6,422円のところ1,800円となっております。

  • クレイウォッシュ(15g)●QuSomeローション(20mL)●Cセラム(5mL)●QuSomeホワイトクリーム1.9(5g)●QuSomeモイスチャーリッチクリーム(7g)が含まれております。

さらに365日間完全返金保証制度もついてきます。ご期待に添えなければ全額返金対応も魅力的です。なんと今回はジュェリーポーチプレゼント!

 

【ロスミンローヤル】

最後にロスミンローヤルについてのご説明です。ロスミンローヤルは、シミやそばかす・くすみを消す医薬品「ロスミンローヤル」。L-システインやビタミンC、ローヤルゼリーなど9種類もの生薬を配合しています。シミやそばかす、小ジワ解消に働きかける優れた美容成分が配合されている第3類医薬品なので、効果を期待する方には絶対におすすめです。ロスミンローヤルは、22種類の優れた成分が配合されています。例えば、グリチルリチン酸、トウキ末、シャクヤク末、アスコルビン酸なども含まれています。徹底的に美白をめざしているだけでなく、年齢とともに気になるエイジングケアにも最適です。

内容量は、1日9粒(270粒)。価格は通常価格7,600円のところ初回限定キャンペーンでなら、なんと1,900円です。送料は別途700円が必要となりますのでご注意ください。

 

いかがでしたか。簡単にですが、3つの製品についてお伝えしましたが、さらに深く知りたい方のために、製品の詳細について下記にまとめました。

<製品の詳しい説明はこちら>

だから結果がでるルミナピールとは?

ルミナピールには2種類の自然由来の成分が配合されています。ビサボロールはお花のカモミールから抽出される精油成分です。メラニンの生成抑制をはじめ、消炎作用があります。さらに高い美容効果があるので化粧品にも使用されています。日焼けをすると肌の内部にあるコラーゲンの損傷があるため、その修復機能を高めてくれる働きもあります。紫外線を浴びてシミが出来てしまった手の甲にぴったりの成分となっております。カモミールは、ヨーロッパではハーブの女王と言われており、昔から生薬としても利用されています。また、この製品のユニークな部分は、ホエイが含まれて居ること。ヨーグルトやチーズを作る際に固形物と分離して出来る水溶液のことですが、栄養価が高く、たんぱく質やビタミンの他カルシウムも含まれています。ホエイは、肌にも優しく、更になじんでお肌を守り、ザラつきなどもとります。くすみを改善し透明感のある肌へと整えます。さらに、プラセンタもプラス。プラセンタとは、豚などの胎盤から抽出した成分のこと。角質ケアに有効な成分で、メラニンの生成抑制やターンオーバー促進効果にもよく、アンチエイジング系のスキンケアには配合されている成分です。また、薬用製品になどに含まれるアラントイン。植物の胚芽や種子、コンフリーの根から取れる成分です。その効果は、厚生労働省にも認可され、目薬や育毛剤など医薬品にも活用されています。

アラントインは、消炎鎮静作用や肌の修復をスピーディに整える作用をもち、抗刺激作用もあります。アレルギーから守り、肌あれを予防する働きもあります。

 

保証期間もある優れた薬効ビーグレンとは?

ここでは、ビーグレンのシミ化粧品について、詳しく解説します

肌は、乾燥すると紫外線に対する防御力が落ちることをご存知ですか。つまり、肌ダメージがあることで、シミができやすくなってしまうのです。ビーグレンの保湿クリームは、長時間の保湿効果があり、日焼け止めクリームなどの紫外線対策もできるのです。また、たっぷりと潤いを与える他に、肌のハリも他かけます。なかでも最も優れた成分はハイドロキノン。ハイドロキノンはシミの消しゴムともいわれるもので手のシミに効果的です。

ずばり、シミを薄くしてくれます。ハイドロキノンは美白成分です。しかしいくら優れていても、肌の奥底まで到達しなければ意味がありません。そこで大切なのが、浸透力。ハイドロキノンが肌の奥底までスピーディに浸透する、これこそが投影間を高めるための真骨頂といえます。またこの製品のよいところは、ご期待に沿えなければ、365日間完全返金保証制度があることです。

 

ハイドロキノンってこんなにすごい

ハイドロキノンは、イチゴやコーヒー、紅茶にも含まれる天然の成分です。その昔、写真の現像などにも使用されており、現像作業をおこなっていた人の肌が白くなったことから、美白の作用があることが発見されたんです。

海外では、約40年以上も前から美白化粧品に使用されており、特に米国では大変ポピュラーな美容成分とされています。しかしながら、管理の難しさから、日本では医師の管理下でのみ使用が許されていたんです。ところが、2001年の薬事法(現:医薬品医療機器等法)の規制緩和によって、ようやく化粧品への使用が可能になりました。 

ハイドロキノンの最大の特長は、これからできるシミを予防するだけではなく、今あるシミに対しても効果を発揮する、ダブルの働きです。

美白有効成分として、たくさんの美白化粧品に配合されているビタミンCやアルブチン、コウジ酸などと比べ、その美白効果は約10~100倍と画期的な数値がでています。

ハイドロキノンの働き

1黒色メラニンを生成する「チロシナーゼ」の働きを抑える

2還元作用でメラニンの色を薄くしてくれる

3メラニンの生成工場であるメラノサイトそのものを減少させる

 

厚生労働省から認可を得た美白成分であり、その効果や効能から「皮膚の漂白剤」とも呼ばれているハイドロキノン。日本でこそ、知名度は低いですが、欧米ではごく一般的な美白成分として使用されています。現在、皮膚科・美容整形外科でハイドロキノンは採用しています。ハイドロキノンで注意すべき点は、ハイドロキノンを付けた直後に紫外線を浴びてはいけないこと。これは、メラニンを過剰に生成させてしまい、シミを濃くさせてしまう可能性があります。屋内にいるときも含め、徹底した紫外線対策が必要です。また、ハイドロキノンは熱に弱く、紫外線を浴びてしまうと、成分が変性する可能性があります。直射日光が当たる場所への保管は避け、冷蔵庫で保存しましょう。

また、ハイドロキノンは酸化しやすく、茶色く変化してしまう可能性もあります。そうなってしまったハイドロキノンは使用せず、速やかに廃棄しましょう。

Lシステインで体の中からシミ対策!も

体の中からケアするなら、L-システインがおすすめです。L-システインは 、体の内側から新陳代謝を促す働きをもち、さらに優れた抗酸化作用もあるアミノ酸です。皮膚、髪の毛、爪などに多く存在しており、シミ・そばかす、肌荒れなどのトラブルのない美しい肌を保つ上で欠かすことができません。L-システインを含むシステイン(シスチン)を多く含む食品として小麦、大豆、かつお節などが知られています。毎日の食事で美肌を維持するための十分な量を確保することは難しく、不足しやすいと考えられています。シミ・そばかす、肌荒れなどの肌トラブルが気になるときは、L-システイン配合の医薬品を試してみるのもよいかもしれません。

 

紫外線ケアのポイントは?

紫外線のケアで大切なことはなんでしょうか。まずは、紫外線から肌を守ることが大切です。そもそも、紫外線には波長の長さによって、ABCに分けられています。

 

  • 紫外線A 波長が長く、肌の奥まで届きシワやたるみの原因になるもの。
  • 紫外線B Aに次いで波長が長い。シミやソバカスの原因になるもの。
  • 紫外線C 波長が短い。空の上のオゾン層に吸収され地表まで届きません。

 

 

「気をつけていたのに、気づいたら手肌を日焼けしていた!」なんてことも…。お手入れは必須ですね。日焼け止めを塗ることは一番大切ですが、日焼け後のアフターケアについて確認してみましょう。まず、冷やすことが大切。冷水や氷、保冷剤で手当てが必要です。クールダウン効果のあるジェルなどを塗るのもよいでしょう。上記で説明したスキンケアを冷蔵庫で冷やしておくのもよいでしょう。ほてりもクールにすることができます。

 

 

美しい手肌はまず日焼けしないことですが、シミが気になる方はスキンケアと医薬品のトリプル技で対策しましょう

 

顔はメイクでごまかせても、手はファンデーションを塗ることもできません。しかも、日焼け止めをこまめに塗ってもどうしても、水で手を洗ってしまえば落ちてしまいます。せっかく若々しいメイクや服装をしていても、手にシワのある老けたままだと「あの人、苦労しているのかも」なんて印象を持たれかねませんので注意が必要です。

手や腕は、顔と同じように、紫外線によってメラニンが作られ上手く排出されなくなるとシミになります。また、乾燥によって肌がダメージを受けやすい状態になっていると紫外線の影響を受けやすくもなってしまいます。さらに、紫外線によって皮膚のハリのもとであるコラーゲンやエラスチンが破壊されてしまうとシワシワな上、シミが多い手になります。これからの季節、手肌のシミがいっそう気になるようになります。ぜひ、「ピーリング」「ハイドロキノン」「Lシステイン」の3つのケアで美しい手をめざしましょう。

更新日:

Copyright© これは簡単!手の甲のシミを取る方法3つをご紹介します , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.